座長・演者の先生へのご案内ACTOR GUIDANCE

座長・演者の先生へのご案内Actor Guidance

発表される方へ
  • 座長の指示に従い指定された時間内に発表をお願いいたします。終了1分前と終了時に卓上ランプでお知らせいたします。
  • 発表の30分前には、発表データ受付にお越しください。
    PC持込を予定している方も必ず発表データ受付にて試写をお願いいたします。
  • 奨励賞候補演題の発表時間は1演題あたり12分(発表9分、質疑3分)です。
  • 一般演題の発表時間は1 演題あたり9分(発表6 分、質疑3 分)です。
  • 発表の15 分前までに会場内の次演者席にお着き下さい。
  • PC プロジェクターは1台(1面映写)です。
  • 発表はPC(OS : Windows)発表のみとします。動画を含む場合、Macintoshをご使用の場合はノートパソコンをお持ち込みください。
  • 発表データはPowerPoint 2003 以降で作成いただき、文字はPowerPoint 備え付けのフォントのみ使用してください。
  • 発表データのファイル名は【演題番号 氏名】としてください。
  • PC によるプレゼンテーションは、演台にセットされているモニター、キーボード、およびマウスを使用して演者ご自身で、操作願います。
座長の先生方へ
座長の先生方は、担当セッションの始まる15分前までに次座長席にお着きください。
発表データ作成について
  • 事務局でご用意するPCの仕様は以下のとおりです。
    OS: Windows 7
    アプリケーション:Windows版PowerPoint 2007/2010/2013
    解像度:XGA(1024×768)
  • 持込可能なメディアはUSBメモリのみです。事前にウイルスに感染していないことを確認の上、お持ち込みください。
  • 文字化けやレイアウトの崩れを防ぐためにOSに設定されている標準フォントをご使用ください。
  • データの総量制限は特に設けません。決められた発表時間内に発表が終了するようにデータを作成してください。
  • 利益相反自己申告のスライドは、最初または最後にお願いいたします。
  • お預かりした発表データは、学会終了後、事務局で責任をもって完全消去いたします。※ノートパソコン(Windows,Macintosh)の持ち込みの場合
  • 外部出力が可能であることを必ず、事前にご確認ください。
  • 会場に用意するケーブルコネクターの形状はD-sub15ピン3列コネクターです。この形状に変換するコネクターを必要とする場合は、必ずご持参ください。
    また、ACアダプターは必ずご用意ください。
  • バックアップ用データとして、USBフラッシュメモリを必ずご持参ください。
利益相反(COIの開示)について
医学研究の公正・公平さを維持し、学会発表での透明性、社会的信頼性を保持するため、筆頭演者には、利益相反の開示をお願いいたします。
詳細は日本医学会「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」をご参照ください。
http://jams.med.or.jp/guideline/index.html